はじめまして

更新日:9月30日

こんにちは

いわき市平にある、プライベートサロンロディアです

こちらのブログから、美容・健康・お店の情報等 皆様の役に立つ情報からそうでないものまで、いろいろとUPしていきたいと思います


まずは、わたくしの経歴からご紹介いたします


進学

小中高と、地元いわきの学校を卒業し、専門学校から地元を離れ、都内の2年制の美容学校に進学いたしました


美容全般に興味があり、それを仕事にしたいという気持ちでこの道を選択しました

さて、実際に専門学校が始まり、ふたを開けてみると・・・


勉強することがたくさん‼

皮膚学・生理学・栄養学・香粧品学・衛生学・アロマ・カウンセリング・ビジネスマナー・フェイシャルボディ実習・メイク・ネイルなどなど…

自分が思い描いていたエステティシャンって表面のキラキラしてるイメージだけで、実際は人の素肌に触れる、本当に勉強が必要!奥深い…甘かった…


慣れない生活・自炊・テスト・満員電車での通学


高校時代、恥ずかしながら、遅刻・欠席ばかりだった私

本当にきつかったです いわきに帰りたかった


それでも、自分で決めた学校・将来への第一歩

「エステティシャンになりたいけど、専門学校はお金がかかるから、就職して、エステティシャンになろうかな」

と親に相談した時に、

「しっかり学校に通って、勉強してからエステティシャンになりなさい」

と進学の背中を押してくれた母

電話をするたびに、いつも励ましてくれました。


私は、学費の総額を計算して、1時間当たりの授業の金額を割り出し、

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥と母に言われた言葉を胸に、2年間無遅刻無欠席で皆勤賞をいただきました。

↑↑自分でもびっくり


専門学校の2年間は本当にあっという間に過ぎてゆきました

あの2年間で、出会った恩師や、同じ夢を目指す仲間・そして、あの時間そのものが私の宝物です

これが、私のこの業界への最初の第一歩&ベースとなります


就職


初めての就職先は、地元いわきのスパリゾートハワイアンズ

当時ハワイアンズ直営のエステサロンがホテル内にありました


エステサロンにはいろいろな営業形態がありますが、

ハワイアンズのサロンは、宿泊者がほぼ9割を占め、単発利用のリラクゼーション目的というようなサロン形態でした


初めてお客様に入れるようになった時の事、今でも忘れられません。


初めは、お客様のご案内の準備、掃除、タオルたたみ、予約電話対応等。

フェイシャル・ボディ共に行程を覚えることから始まり、ボディオイルトリートメントから始まり、フェイシャル

続いて、都内ロミロミスクール研修を経てハワイアンロミロミ


専門学校で習ってきたことと、現場との違いに戸惑う時もありました

数えきれないお客様との出会い

その施術1つ1つが、1つ1つの出会いで、

私にとってその1時間弱程の時間の施術ですが、

そこに来られる方一人ひとりにはその背景にいろいろな世界が広がっていて、

その一つ一つが大切な出会いであり、経験でした。


ハワイアンズで務めて3年程過ぎ、外部委託で、現在のチェーン店に変わることになり、退職いたしました

今現在はリバース東京という関東のチェーン店が運営しているようです


これを機に次はリゾートスタイルのサロンではなく、美容皮膚科での経験をつけたいと考え、都内美容皮膚科へ就職いたしました

皮膚科医のもとで、お肌や体形にお悩みのあるお客様を迎え、今までとは目的が全く違うお客様の対応です

エステティシャンはお医者さんではないので、医療行為はできませんが、ドクターの指示のもと、ニキビ・しみ・等コンプレックスとなるようなトラブルの改善にむけてのエステティックを学びました


震災

震災の時は、都内のメディカルクリニックに勤めていたので、いわきの家族や友人のことがとても心配で不安でした

いわきに家族がいましたので、一時的に私のところへ避難して、その後家族で関西へ自主避難しました


大手サロン

この避難をきっかけにまだ勤務経験がなかった大手サロンへの就職をしました

最先端の美容機器・独自の施術テクニック・化粧品の販売促進・コース販売・どれも初めての経験で、学ぶことがたくさんありました。

入社後研修を経て、関西で一番小さい店舗に配属になり、その後1か月で、関西で最大の店舗へと配属されました。

1日があっという間です。


廊下を歩くだけで、次から次と、先輩方から仕事を頼まれる…

忘れもしない、私は、発汗コースでボディにタラソ系のパックを塗布して発汗を促すシートにぐるぐるにくるめて、ヒートマットでくるんだお客様の”あげ”を完全にすっぽかしてしまったことがありました。

恐ろしかったです。

忙しすぎて、頼まれていたことをすっかり忘れてしまったのです。

シートにくるむ前に、お客様のお手元に、緊急時のボタンを預けるので、お客様がそのボタンを押して、発覚しました。


大手サロンには大手サロンの良さがあります。

最先端の機器・設備・独自の技術・しっかりとした研修・教育・

しかし、私のやりたいことではありませんでした


いわき

そんな中、同郷の、偶然にも専門学校からの友人からの仕事のお誘いがあり、またまた地元に帰って市内のサロンの共同経営へ進みます


私も彼女もエステサロン勤務経験はありましたが、経営は素人

何もかも手探りでサロンづくりにとりかかりました。

初めのうちは、売り上げもたたず、アルバイトを掛け持ちしていました

それでも、自分たちで考えて、試して、作って、その日々が本当に楽しかった

2人でお店をつくり、育てました

お客さまが増えていって、何とかお店がまわるようになっていって、

ここでも、たくさんの方との出会いがありました

スタッフも、もちろん、お客様も

この期間に私は結婚・妊娠・出産という経験もしました


仕事・家事・育児の両立の大変さを実感しました  本当に…

女性って本当に大変だなぁと思います

自分が2人いたらなーとか、赤ちゃんがたまごで育てられたらなーとか思ってました。

本当、このお店での4年半は、確実に私にとって様々な経験と出会いをもたらしてくれました。

現在は彼女がオーナーとして、そのお店を経営しています→http://www.feli-ce.com/


private salon Rodia

家を建てると同時に、もともとの夢であった自分のサロン

が少しずつ形となって、2017年5月にプライベートサロンロディアとして開業いたしました


店名の意味は、ホームページ・プロフィールに書いた通りです。

その時、その時の本来の美しさを引き出し、より健康的に、より美しくあるためにエステティックを施す

確かに、高額な化粧品や機器には効果が期待できるものもあります

しかし、その人に合っているものは何なのか??

必要なもの・いらないものは何なのか??

からだも、心も。

その人のニーズに合った施術を提供することが、結果的にお客様の満足度につながるのではないかと考えます


化粧品の販売・コース契約勧誘等はしません


私の目指しているエステティシャン・エステサロンは

お客様の専属エステティシャンというように、その方に、寄り添って、生活・大げさに言えば、人生の一部となるような存在

エステサロンは、その方が、リセット・メンテナンス・生き生きときらきらした女性であるために必要な場所・時間

となりたいのです


小中大とさまざまなエステサロンでの勤務経験を経て、目指すのは、このような理想のかたちだと、考えるようになりました


まだまだこれからも新しいものに出会ったり、経験したりすると思います

それでも、私にとって、お客様に喜んでいただけること、エステのお仕事の喜びは、毎回新鮮で、本当にありがたいもので、変わらないことなのです。


専門学校で理想と現実のギャップに落胆したあの頃

本当にこの道でよかったのか?

と悩んだ時もありました


お客様から ありがとう と言われる喜びを知らなかった自分に

そのまま、その調子で頑張れ‼

この仕事を大好きになるから  と伝えたいですね。